FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バストアップと女性ホルモンの密接な関係

みなさんこんにちは

このブログを読んでくれている人は少しずつ胸が大きくなってきたはずです。
私のように適切なケアをして理想のバストを手に入れてくださいね!


今回は バストアップと女性ホルモンの密接な関係 について考えるお話です

あなたの毎日のケアや生活環境をきちんと理解してバストアップしていきましょう。
↓↓
女性ホルモンには、エストロゲンプロゲステロンがありますが、 これらは胸の発達や体の丸み、くびれなどに大きく影響をおよぼします。

これらを詳しく見ていきましょう。


○ エストロゲン(卵胞ホルモン)

エストロゲンには脳を活性化させて記憶力を高めたり、肌や髪に潤いを与える、骨を丈夫にする、善玉コレステロールを増やす、バストにハリを与える、乳房内にある乳腺という器官を活性化させるという働きがあります。

エストロゲンには乳房内の乳腺を太くする働きがあるため、バストアップを目指している人には大変重要なホルモンです。

このエストロゲンを増やし乳腺を太くすることがバストアップの秘訣。

ブラックコホシュやプエラリアといった成分がこのエストロゲンの働きを補助してくれます。

生理や排卵に密接な関わりがあり、女性の生涯ではスプーン一杯分くらいしか作られないそうですよ。



○ プロゲステロン(黄体ホルモン)

プロゲステロンには体温を上げる作用があり、妊娠を継続させる効果があります。

受精卵が着床しやすいように子宮内膜を厚くします。

体内に水分をため込んでむくんだり、眠くなったり、気持ちが不安定になるのもこのホルモンの影響ですね。

バストアップに関しては、乳腺の発育を促するための準備をしてくれます。

エストロゲンの過剰投与は乳がんの危険性が報告されておりますが、黄体ホルモンは反対に乳がんを抑制する作用があると言われています。

ただし、乳がんを抑制するといっても過剰投与はやめましょう。

自然に分泌されていれば特に問題はありません。



女性ホルモンの分泌は、環境の変化や食生活の乱れやストレスなどによって影響を大変受やすく、女性ホルモンが減少してしまうと逆に男性ホルモンが多く分泌されて体のバランスを崩していってしまいます。

その結果肌荒れ、貧血、冷え性、生理不順や生理痛などの原因にもなります。

一番困るのは不妊症です。

日常生活をストレスなく穏やかに楽しく過ごすことが、妊娠を望んでいる方にとって大変望ましいことです。

バストが小さくて悩んでいる方は、遺伝的要因もありますが、食生活や睡眠、運動などを改善することで女性ホルモンの分泌を活元に戻すことで、バストアップにつなげることが可能です。

女性ホルモンはデリケートなものですから毎日の習慣を見直し、なるべくストレスを溜めないようにしましょう。

でも生活習慣を改善するだけでは限界がありますよね。

今では育乳サプリメントやバストアップクリームがあるので積極的に取り入れてバストアップを実現するのが効果的ですよ。

事実私は生活習慣を正してもたいした効果が無かったので、プエラリアとクリームを使用したら見事にサイズアップできました。




これは実際に私が使用してバストアップに成功したプエラリアです。
使用してみればその効果は必ず実感できると思いますよ。
↓↓






これも実際に私が使用してバストアップに成功したクリームです。
本当に大きくなったので使用しても絶対損はしないと思います。
↓↓






応援のポチッお願いします

にほんブログ村 美容ブログ バストアップへ
にほんブログ村


バストアップ ブログランキングへ

(参考サイト: )


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

Cカップ

Author:Cカップ

私はAカップでしたが色々試行錯誤した結果、今では理想だったCカップまでサイズを上げることに成功しました。

私が実践したバストアップに有効な方法をどんどん載せていきますね!

バストアップサプリ

高効果バストアップサプリ
1日あたりたったの47.5円

ナイトブラで2カップアップ

着けているだけでバストアップできる
お肉を補正して正しい位置にする!

女性ホルモン活性化サプリ

バストの脂肪組織を増大させること
に着目した新しい手法の製品です

楽天ランキング

ランキング

カテゴリ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。